魂源診断
初めての方は、必ず下記全文をお読みになってから占ってください。
安易な占術の濫用は危険を伴います。
占う

魂源とは
人の体は物質的にはその多くを「水」に頼っております。

食べ物や飲み物を介して体に取り入れられた水。その水は元々何処にあったのでしょう?
空の雲だった水・川を流れていた水・海の底深くを漂っていた水かもしれませんし、氷河となり数十万年を過ごしていた水かも知れません。
魂も同様です。
人の魂は一つの形を成していますが、その多くを水のように形を持たない「精霊」に頼っております。
その魂を成す精霊を「魂源」と呼びます。
魂源は今の身に入る前にも何処かしかに存在しました。
人や動物の一部となっていたかもしれませんし、神々の世界を漂っていたかもしれません。悪意によって形作られ、恐怖を集めていたかもしれません。
魂源について
能力限界値について

魂源の探り方
魂源を探るには大きく二つ方法があります。
第一には、人の魂を直接見れる人と対面することがあります。これは最も具体的に魂源を知る事が出来る方法です。
見え方や言葉にする表し方は異なりますが、問題点や解決方法に至る過程は驚くほど共通します。
ただ、このような方は多くの場合社会的な要職を担い、経済的にも大成しております。占い師などとして初対面の相手を見ることは殆ど無いと言って良いでしょう。
運よくそのような方と対面する機会が生涯に一度でもあれば、たとえ数分であっても人生は大きく変わるでしょう。
第二には、人の魂の成立過程と、その周辺環境から算出する方法があります。
これは古くから様々な方法が試みられてきました。
多くの人々が狭い群落に定住し、日々移り変わるものが星しかないような安定した時代には、天体の運行により物事を予測し、農作業の工程・子作り・戦争などあらゆることに自然と星占いが使用されてきました。
星の人へ与える影響の度合いが比較的小さくなった現在でも、この占術は依然有効で大きな力を持っています。
社会としての規律がより厳しく、暦による人間の管理が顕著になった時代には四柱推命等が出てきました。
これもやはり今日に通用する偉大な占術となっています。
ほんの一例として挙げましたが、この他にも歴史を通じ、洋の東西分け隔てなく、人々は自分自身の魂の本質を周辺環境から算出しようと努力を重ねてきました。
これにより、個人的資質に左右される事なく、安定した占いが可能になりました。結果多くの方が占いを生業としています。
(もちろん、生来の才能とあわせる事によって単なる論理的算出以上の答えを導き出せる方も多く存じております。)

魂源診断について
魂源診断は、普遍性を排して現代の日本人の魂源をさぐることに特化させた占いです。
その身の成立過程や、魂の特性によって現れる身体的特徴、社会的行動などを元に、総合的に判断いたします。
人はその環境に大きく左右されます。天文的差異・気候的差異・社会的差異・家族や個人の差異、それらが大きく人間性に反映されます。
現代の日本人の魂源を探ることに特化したため、例えば海外の方や、100年前の方を占っても正しい結果は得られません。その代わり、現代の日本人を占った際には非常に的確かつ詳細に結果を得ることができます。

解説
魂源の比率から来る人間性の本質について解説をしています。
自分の本質を理解する事で、今一度自分自身を客観視していただきたく、診断結果を冒頭に持ってきております。
能力限界値と、それから導き出される適職を列挙しています。
能力限界値は能力値とは違います。努力をしたら最大でどれだけ成長できるかを示すものです。自分のこれからを考える際に参考にしていただきたく、用意しております。
過程・生活についての魂源の構成比から割り出される利点と注意点を挙げています。
これは知っておく事以外に意味は無いように見えますが、起こりうる不幸を把握する事は永く占術に課せられた使命であり続けました。
恋愛傾向・失恋傾向を解説しています。
ウェブサイトという性質上でしょうか、恋愛についてのご相談を特に多くお受けしております。
これにより、予期せぬほど多くのデータが溜まりましたので、分析の上で共有させていただきたく用意しております。
相性を診断しております
上記恋愛傾向同様、多くのデータに基づき相性を解説しております。
単純に「相性何%」といった数値を出す事はいたしませんが、お二人の距離を縮めるための秘訣や、お二人が特に気をつけなければならない事柄については、仔細に記しております。

占う



トップへ

悪魔教会 since 2002