魂源診断
悪魔教会魂源診断・診断結果
魂源診断とは?

魂源
核:
魂の核は暴。これは動物的本能の闘争心・独立心を多く集めた霊によって構成されていることを意味します。

特徴:
感情を素直に表に出し、自由気ままに生きています。
気まぐれに人の気持ちを汲むことはあっても、本気で思いやったり、他人のために何かをするなどと言う面倒くさいことは間違ってもしません。
酒や煙草を愛し、たらふく食べて、ぐっすり寝ることが最大の喜びです。
弱者には厳しいですが、強者には下手です。しかしこれは媚びではなく、純粋に尊敬して下手に出ます。
仕事好きで、仕事で勝つことに無上の喜びを感じます。
時に多くの精霊から助けを得る事ができます。

六種魂源バランス
聖:
魔:
感:
知:
愛:
暴:

陰陽バランス
陽:
陰:
能力限界値
目安
 099:欠如
 100199:標準
 200399:天賦

魔力:0
魔女:139
巫女:114
指導:114
学問:139
商才:253
魅力:136
献身:136
美術:250
音楽:321
家庭:275
健康:207
闘争:346
支配:207
SEX:343
天職
能力限界値から導き出せる、特に適正のある職業を列挙します。
金銭のやりくり(経営・金融・会計)※どのような仕事であっても金銭面においては成功を果たすでしょう。
モノを作る仕事(設計・建築・工業・プログラム)
美を生み出す仕事(絵画・メイクアップ・コーディネート・デザイン)
興奮を作る仕事(イベント・舞台・映画・音楽・企画)
自分の家を守る仕事(主婦・主夫)
強靭な肉体が必要な仕事(運送・建築・作業・警察・消防)
人に勝つことが必要な仕事(スポーツ・軍隊・政治・ギャンブル)
言葉に信憑性が必要な仕事(宗教・アナリスト)
不特定多数を動かす力が必要な仕事(経営・政治・マスコミ・広告)
性的魅力が必要な仕事(芸能・水商売・娼婦)
家庭
家計は安定し、子を残すのであれば、一定の財産を残せるでしょう。
日々の花鳥風月を楽しみ、時に人と分かち合い、彩りのある人生を送れるでしょう。
経済的な苦しさや病気などの時も、一日一日を楽しく生きようという力強さを持っています。
子を築いて後は、夫婦親子お互い支え合う良い家庭となるでしょう。
晩年においても大きな病気をせず、不可避な外的要因の無い限りは長生きするでしょう。
ともすれば家庭を自分の意思でコントロールできてしまうので、問題が生じた時などは家と一定の距離を置くことで安定した家庭との関係を築けます。
強いカリスマ性があります。恋愛や金銭的な損得無しで、生涯自分を慕い、信奉する人が居るでしょう。
多くの異性を相手にする素養を持っていますが、伴侶を一人に定めた場合、伴侶はこの上ない幸せな時間を過ごすでしょう。
注意
能力限界値の欠如による、特に注意の必要な項目について列挙します。
恋愛傾向
魂源に基づく、恋愛傾向を挙げます。
強引に、相手のことを考えずに恋愛を進めます。
釣った魚に餌をやらないタイプで、一度体の関係になってしまってからは、体だけの関係になりがちです。
感情を表に出さないタイプを恋人にすると喧嘩が絶えず、感情を表に出さないタイプを恋人にすると、一方的な主従関係を敷くか、逃げられるかします。
このタイプの男性が感情を表に出さない女性と結婚すると、いずれ家庭内暴力を振るう恐れがあります。
自分より力のある人、本能的に尊敬・畏怖できる人を恋人にすると初めて上手くいきます。
喧嘩になっても最後はあなたをなだめたり、説き伏せてくれるような人と付き合うのが良いでしょう。
とは言え、基本的には一人が一番気楽なので、特定の恋人を作らずにいろいろな異性と遊んでいるのが性に合っているのかもしれません。
恋愛系の呪術・呪符
失恋傾向
魂源に基づく、失恋傾向を挙げます。
自分が原因の場合は、我侭、喧嘩が耐えない、男性であれば暴力、などが多いです。
もともと相手が強引さに負けて付き合っている場合などもあります。
尊敬できる相手と別れた後は愚痴を吐いて酒でも飲めば、すっきり忘れられます。
自分より格が下だと思っていた相手に振られた後は、そのことを中々認められず、相手をまだ自分の所有物のように感じます。相手の新しい恋人に対して先輩面をしたり、相手の生活に口を出したりして嫌がられます。
あなたも占ってみませんか?
悪魔教会 魂源診断で占う
この結果を元に相性を占う
魂源診断とは
魂源について
能力限界値について
有料サービス
悪魔教会では、有料にて呪術代行・呪符の発行をしております。
誰にも相談出来ない悩みや、どうしても叶えたい望みなどをサポートいたします。
安易な利用はお勧めしておりませんので、最後の最後にご覧ください。
恋愛系の呪術・呪符
金銭・社会系の呪術・呪符
家庭系の呪術・呪符
有料サービス一覧



トップへ

悪魔教会 since 2002